株式会社中国シジシー 管理本部(総務・人事) 伊藤和司様より
  近年、食品表示においては小さなミスでも、偽装だと誤解されたり、企業のコンプライアンスに対する姿勢が問われるなど、大きな問題に発展する事例がありました。当社は、消費者に直接販売を行う立場ではありませんが、「安全・安心な食」を提供するために、正しい知識は欠かせないと考えています。そのため、最低でも小売店さんと同等以上の知識が必要であると考え、2013年度中に社員全員の初級資格を取得することを目標に掲げました。同時に、学習できる場も必要だと考えて出張セミナーを企画し、当社社員に加えて加盟店からの参加者も募って開催しました。これにより、複雑な表示のルールを、体系的に理解できましたし、短時間で合理的に習得できたと感じています。2012年1月現在、対象である19名のうち11名が初級資格を取得、うち数名が中級も取得しました。資格取得者からは、メーカーとの商談や加盟小売店からの問い合わせにおいて、自信を持って対応できるとの声があがっています。

  「美味しい」「安全安心」「新鮮」「健康」「簡便」な商品を、迅速にリーズナブルな価格で提供する。そのために、スタッフひとりひとりが確固たる知識を体得したことは、大きな収穫だったと実感しています。

参加社名:株式会社ユアーズ(広島)、株式会社キヌヤ(島根)、株式会社三和ストアー(広島)、
株式会社中央フード(山口)、株式会社マツサカ(岡山)、株式会社マルイ(岡山)、および
中国シジシー)


(実施:食品表示検定協会 パートナー(株)TSSプロダクション)



©2009-2013 食品表示検定試験 All Rights Reserved.