昭和産業株式会社 樋口 創 様(第7回中級合格者)


-曖昧な理解、誤って認識していたことを改める良い機会-

 私は複数の食品素材を製造するメーカーで開発を担当し、外食産業や食品メーカー等に対して当社で扱う素材を用いた食品の提案などを行っています。商談の際に表示や公正競争規約等について質問を受けることが多く、食品の表示や関連する法律について学びたいと考えていました。今年に入り、社内の取組みとして、食品表示に関する知識が必要な社員が本検定の受検の対象となったため、受験させていただく運びとなりました。
 学習は約1ヶ月を要し、始めの2週間はテキストに記載されている法律や表示のルールなどの基礎的な部分をひたすら読んで内容を理解することに注力しました。受験の2週間前からはテキストに記載されている細かい事例などに目を通し、試験に臨みました。
 本検定を通し、様々な分野の食品表示について触れることができ、良い経験となりました。また、消費者が手にする最終製品だけでなく、原材料から最終製品に至るまでのすべての段階において適切な情報を提供することが重要で、当社のような素材を扱う会社にも大きな役割が担われているのだと痛感しました。そして、私自身が曖昧に理解していた内容や誤って認識していたことを改める良い機会にもなりました。法律改正等により、食品表示の内容や方法は随時変わるものだと思います。今回学んだ内容に捉われず、新たな情報を得て、それを理解し、正確な情報を伝えることができるよう、心がけたいと考えています。


一般社団法人食品表示検定協会
〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビル1階
E-Mail:info@shokuhyoji.jp
TEL : 03-5226-6737 FAX : 03-5226-6723

※食品表示検定協会へのお問合せは、業務時間内にお願い致します。
  【業務時間】9:30〜17:30 (土・日・祝日を除く)

©2009-2013 食品表示検定試験 All Rights Reserved.