北海道ぎょれん 品質管理部 山田 芳孝 様(第1回上級試験合格者)


-中級テキストの見直しと品質表示基準や各種Q&A等を熟読-

1.受験のきっかけ
 組織として、この表示検定に取り組んでおり、品質管理の担当者はもちろん、営業担当者においても受験を推奨しています。そのため、私は品質管理部で業務上、仕様書の確認も行っているため受験しました。
2.学習方法
 日常の業務で仕様書や一括表示の確認を行っているため、消費者庁のQ&Aなどは頻繁に目にしていました。ただし、職業柄水産関係なので、農産物や畜産物等の表示については、ほとんど目にふれることがありませんでした。そのため、上級の勉強方法としては、中級のテキストの見直し(上級のテキストは私にとつてはあまり参考になりませんでした)を数回行うとともに、品質表示基準や各種Q&A等をプリントアウトし熟読しました。また、上級は筆記試験のため、キーワードを使った文章を書く練習をしました。上級は中級テキスト+αをしないと合格は難しいと思います。
3.学習期間
 中級のテキストを読み直し、Q&A等を見たりするのに2〜3週間はかかりました。
4.取得後
 特に大きな変化はありません。ただ、日常使わない知識(乳製品、畜肉等)については、ほとんど忘れてしまっているのは自分でも残念に思います。
5.その他
 農産、畜産、水産に特化した資格もあると、うれしいです




一般社団法人食品表示検定協会
〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビル1階
E-Mail:info@shokuhyoji.jp
TEL : 03-5226-6737 FAX : 03-5226-6723

※食品表示検定協会へのお問合せは、業務時間内にお願い致します。
  【業務時間】9:30〜17:30 (土・日・祝日を除く)

©2009-2013 食品表示検定試験 All Rights Reserved.