株式会社BMLフード・サイエンス 宮ア 里枝 様(第1回上級合格者)


-名刺に「上級食品表示診断士」と記載することで興味をもって頂いた-

 受験したきっかけは、「食品表示検定」を通して正しい食品表示を記載することの重要さを自分自身のみならず、お取引のあるお客様に少しでもご理解頂くためです。また、弊社は以前より食品表示の審査及び商品規格書の審査業務等を承っておりますが、稀にどのような資格を取得した社員が審査を実施しているのか、お客様から問い合わせを頂くことがありました。
 このような事実を踏まえ、より専門的な知識を身につけることと、お客様により一層安心して業務をご依頼頂くために必要性を感じて、受験することを決意しました。
 学習方法は、上級テキストを中心に、中級受験時に使用したテキスト及び自分でまとめたノートを復習する形で勉強を進めました。食品表示を作成する問題にも対応できるよう、上級テキストに掲載されていた表示例を条件のみを見て作成できるよう練習しました。
 学習期間は、直前1ヶ月は土日祝日の仕事が休みのときに約4時間ずつ、平日は仕事の関係上学習する時間が取れなかったので、電車の移動中にまとめたノートを見て復習していました。
 実際に上級試験に合格して、名刺に「上級食品表示診断士」と記載することで、今まで食品表示の審査業務をご存知なかったお客様にも興味を持って頂くことで業務の存在を認識して頂き、また資格名を記載していることで、食品表示についての問い合わせを頂くことも多くなりました。
 今後は、資格取得に甘んじることなく、法の改正等新しい情報には常に耳を傾け、より食品表示に詳しくなることにより、お客様の問い合わせに迅速丁寧に対応できるよう学習を続けていきたいです。



一般社団法人食品表示検定協会
〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビル1階
E-Mail:info@shokuhyoji.jp
TEL : 03-5226-6737 FAX : 03-5226-6723

※食品表示検定協会へのお問合せは、業務時間内にお願い致します。
  【業務時間】9:30〜17:30 (土・日・祝日を除く)

©2009-2013 食品表示検定試験 All Rights Reserved.