株式会社ハンスイ 川島 卓 様(第1回上級試験合格者)


-机上の学習にとどまらず実際の表示にふれることがスキルアップの近道-

 ネコの目のごとく変わるJAS法。一筋縄で行かない食品衛生法。いつか食品表示を系統立てて勉強したいと思っていたとき、食品表示検定協会の認定テキストに出合いました。それから2年、身についた「表示力」を試すつもりで第1回上級試験に挑んだところ、運良く合格することができました。
 上級試験では、表示の知識を問う問題に加え、表示の作成や間違いの訂正など、実践に即した問題が出題されます。仕事で携わっている分野については、表示を見る目が多少は養われているものの、そうでない不得手な分野については、スーパーで商品を購入するなどして、実際の表示がどのように成されているかを確認しました。机上の学習にとどまらず、実際の表示に数多く触れることが、スキルを向上させる近道だと思います。
 試験にパスしたとはいえ、食品表示の世界は奥が深く、実践では判断に迷うことしきりです。表示の作成にあ たっては、法令を遵守した"正しい表示"は言うまでもなく、表示を頼りに購入されるお客様のことを考え、見やすさ、読みやすさ、分かりやすさに配慮した、見る人に"優しい表示"をデザインすることも心掛けていきたいと思います。


一般社団法人食品表示検定協会
〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 千代田一番町ビル1階
E-Mail:info@shokuhyoji.jp
TEL : 03-5226-6737 FAX : 03-5226-6723

※食品表示検定協会へのお問合せは、業務時間内にお願い致します。
  【業務時間】9:30〜17:30 (土・日・祝日を除く)

©2009-2013 食品表示検定試験 All Rights Reserved.